■講師紹介■

FGサインアート・チョークアート教室講師  串田 恭子

2003年12月  Monique's Chalk Art 3週間コース卒業
2004年11月  更にチョークアートを学ぶため再渡豪し、モニークの専任アシスタントとして働く。
2005年2月  Monique's Chalk Art Silver Certificate(講師資格) No.2 取得
2005年    8月 MCA(モニークチョークアート協会)副会長就任
2005年 埼玉県戸田市にてFGサインアート チョークアート教室開講

2013年 岡山県岡山市に拠点を移し、チョークアート教室開講中。

Silver Certificate取得後も、ゴールドコーストにあるMonique's Chalk Art Schoolにて、半年間Moniqueのアシスタント講師として初級・中級を担当していました。
その間、接した生徒さんの人数は数十人。
経験抱負☆教え方には自信があります!!

帰国後に埼玉と岡山にて、チョークアート教室を開講。
自分の作品を製作すると同時に、日本にチョークアートを広めるため、チョークアーティスト育成に力を注いでいます!
モットーは、「みんながHappyになれるチョークアート☆」
絵を描くあなたがHappyじゃないと、Happyな絵はできません!!
とりあえず、楽しく愉快なお絵かき教室を目指しています☆

ちなみに上の写真が、Moniqueから発行された、私のCertificateです。
一人一人が違うデザインをもらうのですが、私はやっぱりフレンジパニ(プルメリア)。
屋号にまでしてしまう、私の大好きな花です☆

  
サティフィケート取得時☆   モニークの来日時に一緒に☆  埼玉のアトリエで。

Monique Cannon (モニーク・キャノン)

私の師匠である、Monique Cannonを紹介します。

オーストラリア、シドニー郊外の農場に生まれる。
その後ゴールドコーストに家族で移住し、現在もゴールドコースト在住。
現在チョークアートの第一人者として、オーストラリアのみならず、世界中で活躍。
また、「Kelly Lane」など、デザイナーとしても活躍している一方、一児の母としても尊敬できる人です(女性なんです!!)。
手がけた看板や広告は、小さなお店から「バージンブルー航空」「マクドナルド・オーストラリア」等など、幅広く活躍しています。

■モニークとチョークアート■

モニークがチョークアーとを始めたのは、今から十数年前。
当時アルバイトを探していた彼女は、グラフィックデザイナー学校を卒業と言う経歴を活かし、「メニューボードを描けるアルバイトを探している。」というカフェに、「私、メニューボード描けます!!」と、“
はったり”で職を得る。
その後、メニューを【本物よりもおいしそうに】描くために、試行錯誤の末、モニーク流チョークアートを開発。
そうして出来上がったメニューボードがゴールドコーストで噂になり、注文が殺到。
そして、現在、トップアーティストになったわけです。
一見、シンデレラストーリーですが、影にはたくさんの努力があったんです。

■MCA(モニークチョークアート協会)■

オーストラリアのモニークチョークアートコース卒業生、 またはモニークチョークアート認定講師のチョークアートコース受講生を主体とした チョークアート協会です。
作品展や、各種イベントへの参加、また年に1度のモニーク来日レッスン等、様々な活動をしています。
また、モニーク仕様特別チョークやペイントなどの、日本ではここでしか手に入らないマテリアルの販売も行っています。
モニークチョークアート卒業生の方も、そうでない方も、ぜひチェックしてみてください。
モニークチョークアート協会